働きマン・原作者安野モヨコの紹介

働きマンの原作者、安野モヨコさんを紹介します。


名前   安野 モヨコ(アンノモヨコ)
性別   女性
生年月日 1971年3月26日
職業   漫画家。
出身   東京都杉並区。
血液型  O型。
最終学歴 聖徳学園高校卒業。

小島功(漫画家)の姪。

1989年に、『別冊少女フレンドDXジュリエット』掲載の、『まったくイカしたやつらだぜ!』でデビュー。
『ハッピー・マニア』(1995年から『FEEL YOUNG』に連載)が、その画風と勢いのあるコメディ描写で人気を呼びました。
連載デビューまでは、岡崎京子のアシスタントをしていました。

2002年3月26日、庵野秀明と結婚。仲人は宮崎駿監督でした。
人気エッセイ、庵野のオタクライフに染まっていってしまう結婚生活を描いた『監督不行届』に、その日常が綴られています。

安野 モヨコさんの夫である庵野秀明さんの紹介をします。

おもな職業  アニメーター。アニメ監督。映画監督。
生年月日   1960年5月22日生まれ。
出身     山口県宇部市出身。
最終学歴   大阪芸術大学映像学科中退。

アニメーターとしてデビューし、「実写を超える」物凄いメカアクション作画が、アニヲタの間で話題となりました。
1984年、赤井孝美、岡田斗司夫、山賀博之らとともに株式会社ガイナックスを設立し、1988年にトップをねらえ!で監督としてデビューしました。

その後、新世紀エヴァンゲリオンやふしぎの海のナディアなどの話題作を世に送り出し、トップクリエイターとしての地位を確立しました。

かなりのオタクで、理論武装ときれやすさを併せ持っています。
監督になってからは、暴れると手がつけられないそうです。

師匠は、宮崎駿と板野一郎です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。