働きマン・用語集1

働きマンの漫画に出てくる用語の解説です。

【1巻に出てくる用語】

天端・・・建設用語で、構造物の最上端のことをさす。

納豆巻き・・・松方の代名詞ともいえます。

牛丼消滅・・・2004年3月(この回が「モーニング」に掲載された時)に、BSE騒動でアメリカ産牛肉が輸入禁止となった。そのため多くの牛丼チェーン店で、牛丼の販売が中止された。

ヒメロス・・・女性ホルモンの一種である、卵胞ホルモンを配合した、更年期障害、不感症などに効果のある大東製薬工業の医薬品。

フリージア・・・フリージアはアヤメ科の植物で、主に白や黄色の花を咲かせる。赤や薄紫の花を咲かせるフリージアもあるが、病気に弱いため市場にはほとんど出回らない。

ずんだもち・・・宮城県の郷土菓子。ゆでた枝豆をすりつぶして、砂糖を加えて作った餡(ずんだ)を絡めたお餅。

軍艦に乗りたかった・・・軍艦マニアとしても知られる、安野モヨコさんの夫・庵野秀明監督の影響でしょうか。

年金問題・・・今年2007年に発覚し大騒ぎとなった、年金記録の管理問題ではなく、1巻では2004年に発覚した、年金未納問題を発端とする一連の騒動。

配置換え・・・この時期に『シュガシュガルーン』(安野モヨコの作品)を担当していた編集者が、配置換えで交代になったため、それがこの話のモチーフになったと思われます。

ゲルマニウム温浴・・・安野さんの事務所の近くに、ゲルマニウム温浴がオープン。

うどんバブル・・・2002年頃、蕎麦文化である関東に、讃岐うどんチェーン店がオープンしたのがきっかけで、讃岐うどんブームが起こります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。