働きマンを読んでみて

10月10日(水)午後10時から連続テレビドラマとしてスタートした「働きマン」の原作を読みました。

主人公は超男らしいキャラで、他にも登場人物のキャラが濃くて、会社にもこういう人いる〜って感じで一気に読みました。
安野さんは、本当に頭のいい人だと思いました。

この漫画のいいところは、主人公にだけスポットを当てるんじゃなく、様々な立場にたつ人間の、仕事に対する情熱や思い、姿勢などがうまく描かれている点です。

仕事をするって、納得出来ないことがたくさんあったり、超えなきゃならない壁がたくさんあったりします。
それはいくら好きな仕事だとしてもそういうことがあります。

仕事していく上で、それをバネにしたり、上手にストレス発散できる人もいれば、そうじゃない人もいます。
何のために働いているのか分からなくなってる人は読んでみたらいいと思いました。

「働きマン」はドラマ化とかしたら面白いだろうなぁ〜と思っていたら、 今秋から連続ドラマとしてスタートすることが決定しました。
今から楽しみにしています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。