働きマンとは

「働きマン」の主人公松方弘子は、ゴシップ週刊誌「JIDAI」の女性編集者で28歳、独身という設定です。
プライベートが犠牲になろうが、いざ仕事となると男スイッチが入ったのかと思うほど仕事にのめりこみます。
後輩にも「働きマンです!」と言わええいます。
身だしなみには気をつかうタイプで、アクセサリーにいたるまで抜かりない。が、いったん仕事モードに入るとファッションだけでなく、恋愛も寝ること食べることもおろそかになってしまう。
30歳までに編集長になることが夢です。
仕事しかない人生と嘆くより、私は仕事したなーと思って死にたい。彼女はためらいもなくそうつぶやくのです。

働きマンとは、女の子が、寝食を忘れて仕事に打ち込んでいる状態です。
主に納品前、突発的な事故処理などのときに、男スイッチが入って、廃人になるほど仕事に没頭することをいいます。

働きマン、今秋にドラマ化決まりました。主演は菅野美穂さんです。

10月10日・水曜夜10・00〜スタート^^
◎キャスト
松方弘子・・・菅野美穂
梅宮龍彦・・・伊武雅刀
成田君男・・・沢村一樹
菅原文哉・・・津田寛治
小林明久・・・荒川良々
渚マユ・・・平山あや
梶舞子・・・吉瀬美智子
田中邦男・・・速水もこみち
堂島保・・・野仲イサオ
山城新二・・・吉沢悠
荒木雅美・・・佐田真由美

ちなみに、女の子が女を捨てているから働き”マン”男性には使いません。
しかしながら、働きマンは時に、仕事のためなら女の武器をためらいなく使ったりもする。
私も昔は、今で言う働きマンでした。
キャリア女子なら、たぶん一度は通る道だと思います。
有名企業の総合職とかには、働きマン率が高いと思われます。

そして、責任感が強い方だと、働きマンにはまりすぎるので注意してください。
ただし、働きマンは三十路になるまでにリアルに将来を考えてないと、大変な目にあう可能性が高いので要注意です。

やはり三十路を超えると、体力でもメンタルな部分でも、かなり弱くなります。
バリバリのキャリアウーマンでも、やはり支えは必要です。
仕事だけに執着せず、松方のように恋にも目を向けていなければ、女としての魅力も半減するんじゃないでしょうか。
働きマンは、ただ仕事してればいいって話ではありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。